産経ニュース

「一つの中国」めぐる中台「コンセンサス」堅持で一致 習主席と台湾・前副総統会談

ニュース 国際

記事詳細

更新


「一つの中国」めぐる中台「コンセンサス」堅持で一致 習主席と台湾・前副総統会談

 【台北=田中靖人】台湾の蕭萬長前副総統は9日、北京の人民大会堂で中国の習近平国家主席と会談、「一つの中国」をめぐる中台間の共通認識「92年コンセンサス」を堅持することで一致した。台湾の中央通信社が中国国営新華社通信の報道として伝えた。

 92年コンセンサスは、1992年に中台双方の窓口機関が確認したとされる。双方が「一つの中国」を認めつつ、台湾側が「中国とは中華民国」と主張する余地を残している。台湾の馬英九政権が中台関係を改善する際の基礎となった。

 習氏は9月末、台湾からの訪中団との会談で、「一国二制度」による台湾統一に言及。その際、92年コンセンサスに触れなかったことから、台湾側で中国の対台湾政策が変更されたのではないかと憶測を呼んでいた。

 蕭氏はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議への台湾代表として、8日に北京入り。12日には、中台双方の担当閣僚級による非公式会談も予定されている。

「ニュース」のランキング