産経ニュース

【本紙前ソウル支局長起訴】朴氏の“怒り”検察決定に影響か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【本紙前ソウル支局長起訴】
朴氏の“怒り”検察決定に影響か

 【ソウル=名村隆寛】産経新聞の加藤達也前ソウル支局長のコラムに関する韓国当局の捜査をめぐっては、朴槿恵(パク・クネ)大統領への名誉毀損(きそん)か言論の自由かという問題を提起しただけでなく、野党など反政権サイドによって朴大統領への批判材料に利用された側面も否定できない。これに対する朴大統領の“怒り”が事実上、検察当局の決定に影響を与えた可能性がある。

 8日に在宅起訴の一報を伝えた韓国の公共放送KBS(電子版)は、「検察は加藤記者が訂正報道や謝罪文を掲載するなど、被害者らへの謝罪や反省の意思を示していない点などを起訴決定の際に考慮したと説明した」と伝えた。

 しかし政権側の意向が働いたとの観測もある。反政権色の強い左派系紙、ハンギョレは「検察は大統領府が産経を非難した直後に捜査に着手した」とし、検察が法よりも朴大統領の面目のために動いたとの見方を示していた。

 左派系紙、京郷新聞(電子版)も8日、「外国メディアの記者を出国禁止にまでして始めた捜査は最初から無理があるとの指摘が多かった」と強調。「表現の自由が重視される中、今回の起訴は時代に逆行するのではないか」と批判した。

「ニュース」のランキング