産経ニュース

「日本は別格、全天候型の友」 インド議会外務省諮問委員

ニュース 国際

記事詳細

更新


「日本は別格、全天候型の友」 インド議会外務省諮問委員

 【ニューデリー=岩田智雄】インドのモディ新政権の与党・インド人民党(BJP)の上院議員で、議会の外務省諮問委員を務めるタルン・ビジャイ氏は3日、ニューデリーで産経新聞のインタビューに応じた。ビジャイ氏は、インド代表団の一人として出席したシンガポールでの「アジア安全保障会議」で、「インドは日米や中国、韓国と緊密で戦略的な関係にあるが、日本は全天候型の友人だと訴えた」と述べ、新政権が対日関係を極めて重視していると強調した。

 ビジャイ氏は、「われわれはこうした国々と等距離外交を行っているが、日本は別の部類に入っている」と表明し、「日印両国の信頼レベルは最高だ。200%の信頼関係にある。日印は過去(第二次大戦中)に問題があったのも事実だが、歴史問題を抱えていない」と強調した。

 特に、安倍晋三首相がかつてインド国会で行った「2つの海の交わり」と題した演説で「太平洋とインド洋は、今や自由の海、繁栄の海として、1つのダイナミックな結合をもたらしている」と両国関係の重要性を訴え、今回の安保会議でも同様の考えを示したことを指摘し、安倍氏を「過去に例をみない素晴らしい」首相だと述べた。

 一方で、「インドは中国との良いパートナーシップも欲している」とし、「南シナ海や東シナ海の問題は2国間で解決してほしい。われわれは公式にどちらかに加担することはない」と語った。

 昨年、中国人民解放軍がカシミール地方の中印実効支配線を越えてインド側に駐留し、両国関係が緊張したことについては、「モディ首相は強力な指導者だ。こうしたことはもう起きないと確信している」と中国側を牽制(けんせい)した。

「ニュース」のランキング