産経ニュース

習氏アジア支配へ野望 ロシア、イランと大きな“温度差”

ニュース 国際

記事詳細

更新


習氏アジア支配へ野望 ロシア、イランと大きな“温度差”

 CICAに組織的拘束力はないが、中国は対露関係強化を背景に、経済力というアメと軍事力というムチで、加盟国に影響力を行使できると踏んだようだ。ただ、国際社会には過去に培ってきたアジア安全保障の枠組みに対する挑戦とも映る。94年に発足し、現在は東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国に、日米中韓露や欧州連合(EU)などが参加する「ASEAN地域フォーラム(ARF)」と一線を画すことになる。

 他方で、一翼を担うはずのロシアとの“温度差”も見え隠れする。プーチン政権は北方領土問題もからめながらエネルギー輸出で関係を拡大したい日本との全面対決は避けたい。対日共闘を求める中国と、そう簡単には一枚岩になれない事情はイランも同じ。米国に近いイスラエルや北大西洋条約機構(NATO)メンバーのトルコも、CICA加盟国の看板だけで中国に従うほど甘くはない。

「ニュース」のランキング