産経ニュース

「弟ブッシュ氏」首位 米大統領選、共和党有力候補…世論調査で民主・ヒラリー氏に迫る

ニュース 国際

記事詳細

更新


「弟ブッシュ氏」首位 米大統領選、共和党有力候補…世論調査で民主・ヒラリー氏に迫る

 【ワシントン=加納宏幸】米紙ワシントン・ポストとABCテレビが発表した2016年大統領選に関する合同世論調査で、共和党の有力候補としてブッシュ前大統領の弟、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(61)が首位に立った。ブッシュ氏は、民主党候補として有力視されるヒラリー・クリントン前国務長官に迫る勢いで、父親のブッシュ元大統領が1992年大統領選でビル・クリントン元大統領に敗れて以来の両家の「因縁の対決」が再燃する可能性がある。

 ブッシュ氏は共和党内で、ランド・ポール上院議員と同率首位の14%。マイク・ハッカビー前アーカンソー州知事(13%)、ポール・ライアン下院予算委員長(11%)、クリス・クリスティー・ニュージャージー州知事(10%)が僅差で続く団子状態にある。伝統的な同党支持層ではブッシュ氏が好感されているものの、情勢は流動的だ。

 民主党ではクリントン氏が他を圧倒する勢いを維持している。クリントン、ブッシュ両氏が戦うと想定した調査では、クリントン氏の支持率53%に対し、ブッシュ氏は12ポイント差の41%だった。クリントン氏は女性、非白人、若者から強い支持を受けていた。

兄のブッシュ前大統領も“プッシュ”

「ニュース」のランキング