産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


タイ野党、総選挙の無効求めて提訴

 【シンガポール=吉村英輝】混乱が続くタイの最大野党・民主党は4日、2日に実施された下院の総選挙を無効だとする訴えを憲法裁判所に起こした。また、選挙を強行して混乱を招いたとして、インラック首相の退陣や政権与党・タイ貢献党の解党なども憲法裁に求めた。民主党は総選挙をボイコットしている。

 総選挙は、反政府デモ隊の妨害により全体の2割の選挙区で投票が中止となった。憲法は総選挙について「全国で同一の日に行う」としており、野党は総選挙が憲法に抵触していないか判断を求めた形だ。また、政権側が権力を乱用し、首都バンコクに非常事態が宣言されている中で総選挙を強行したことなどを問題視し、追及する見通しだ。

 一方、選挙管理委員会が4日までに発表した総選挙の投票率は、投票が中止となった南部9県を除く68県で45・8%と、5割に届かなかった。

「ニュース」のランキング