産経ニュース

イメージ覆す…「陰湿な目」に反発 フランス革命ロベスピエール 顔復元

ニュース 国際

記事詳細

更新


イメージ覆す…「陰湿な目」に反発 フランス革命ロベスピエール 顔復元

 フランスの法医学者らの研究グループが、フランス革命時の最高指導者の一人で「恐怖政治」を断行して約2万人を断頭台(ギロチン)に送って粛清したことで知られるマキシミリアン・ロベスピエール(1758~94年)の顔を、デスマスクなどを元に3Dスキャンを使って復元した。(SANKEI EXPRESS

 20日発行の英医学誌「ランセット」に発表されたが、これまで複数の肖像画が伝えたロベスピエールの端正なイメージとは異なり、復元した顔は、あばた顔で陰湿な目つきをしたものとなった。仏国内ではこれに、「政治的意図があり、歴史を捏造するものだ」などと左派系政治家らが反発。論議が巻き起こっている。

「あばたの痕跡確認」

 AP通信などによると、ロベスピエールの顔を復元したのは、法医学者のフィリップ・シャルリエ氏とフィリップ・フローシュ氏を中心としたグループ。ロベスピエールは恐怖政治を敷いた後、権力闘争に敗れて自らも断頭台の露と消えたが、シャルリエ氏らは、有名な蝋人形師のマダム・タッソー(1761~1850年)が作成したデスマスクと不健康だったとされるロベスピエールに関する現存する複数の診断書を元に、顔を復元した。

 20日、パリ郊外のモンティーニュで会見したフローシュ氏は「精査の結果、ロベスピエールは自己免疫不全と類肉腫症(サルコイドーシス)を患っていたことが分かった。デスマスクからも、あばたの痕跡が確認された」と語った。複数残されているロベスピエールの肖像画は、いずれも目元がすっきりし、あばたが描かれているものもなかっただけに波紋を広げた。

「革命における政府の基礎は徳と恐怖である」とロベスピエール

「ニュース」のランキング