産経ニュース

【鼓動】習近平氏の父、習仲勲生誕100年で記念事業続々 歴史の皮肉…陵墓は陳情村に

ニュース 国際

記事詳細

更新

【鼓動】
習近平氏の父、習仲勲生誕100年で記念事業続々 歴史の皮肉…陵墓は陳情村に

 習近平国家主席の父親で、一時迫害された習仲勲元副首相(1913~2002年)をめぐる記念行事が中国各地で盛大に行われている。今年で生誕100年を迎えることから、記念切手や文集が発行され、その生涯がドラマ化されるなど、元最高指導者並みの扱いだ。一連の記念行事の背景には、本人の功績への賛辞より習主席への配慮が見え隠れする。一方、陝西省富平県の習仲勲氏の陵墓付近には、党幹部らが墓参に訪れることを期待し、大勢の陳情者が集まっていた。(陝西省富平県 矢板明夫、写真も)

 中国最大の陵墓といわれる秦の始皇帝陵から北へ約80キロ離れた陝西省富平県の西部に習主席の父親、習仲勲氏の陵墓がある。約10年前に農地をつぶして建設されたもので、南に小川が流れ、北に山々がそびえる美しい自然のなかにある。風水的に「子孫を繁栄させる」立地条件だといわれており、「この墓のおかげで息子さんが中国のトップになったのよ」と話す地元の老人もいた。

 陵墓の面積は約7千平方メートル。周辺の専用道路や駐車場などをいれると、2ヘクタール以上あるとみられる。個人の墓地建設をほとんど認めていない現在の中国で、この巨大陵墓は異例の存在だ。

「ニュース」のランキング