産経ニュース

【朝鮮半島ウオッチ】北の罠にはまった飯島氏訪朝 会談には対日工作機関幹部も同席

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朝鮮半島ウオッチ】
北の罠にはまった飯島氏訪朝 会談には対日工作機関幹部も同席

 飯島勲内閣官房参与の訪朝は、北朝鮮が数ヶ月前から誘ったもので、平壌で行われた会談などは全面的な北朝鮮ペースだったことがわかった。関係筋によると、ナンバー2の金永南・最高人民会議常任委員長との会談には在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)などの対日工作部署の幹部が同席しており、飯島氏は北朝鮮の「言い分」をたっぷり吹き込まれたようだ。政府は飯島氏から報告を聞いたが、この訪朝を受けての日朝交渉の具体的な動きはない。飯島氏は北朝鮮の「日朝接近」演出に利用されただけとの指摘も出ている。

(久保田るり子)

朝鮮労働党の対日工作機関、統一戦線部幹部が飯島氏の会談にぴったり同席

 今月16日、飯島氏が平壌の万寿台議事堂で会談した金永南・最高人民会議常任委員長氏は、金日成主席時代からの重鎮で序列ではナンバー2に位置する。訪朝した外国要人と面談する最高位の「国家元首」に当たるが、実際は形式的な地位で政治的実権や権力は全くないことで知られる。

 その金永南氏が日本政府の要人ではない飯島氏の会談に予告もなく出てきた。これには意図的な北朝鮮側の狙いがあったのは明らかで、日本からの客人に「最高級の厚遇」の格付けを行い、対日融和の姿勢を安倍晋三政権に伝えるためだったとみられる。

「ニュース」のランキング