産経ニュース

87歳、伊ナポリターノ大統領2期目就任「政府は即刻つくらねば」 主要陣営を叱責

ニュース 国際

記事詳細

更新


87歳、伊ナポリターノ大統領2期目就任「政府は即刻つくらねば」 主要陣営を叱責

 【ベルリン=宮下日出男】イタリアのナポリターノ大統領(87)は22日、2期目の就任宣誓を行った。就任演説では総選挙後2カ月に及ぶ政局の混乱について主要陣営を厳しく叱責。「政府は即刻つくられねばならない」と述べ、新政権樹立に向け、互いの歩み寄りを強く迫った。大統領は政局混迷について、政治家らの「過ちと怠慢、無責任」が招いたと批判。原因として現行の選挙制度を挙げた上、以前から求められていた改革に取り組まず大統領に異例の続投を求める事態に陥ったことに「弁解の余地はない」と切り捨てた。

 大統領は「再び耳を貸さなければ、ためらわずに決断する」とも言明。各陣営が協力しない場合の辞任や解散・再選挙断行を示唆したと受け止められている。7年の任期途中での退任説も浮上する中、「私の力が許す限り職務を続ける」と表明。演説では言葉を詰まらせる場面もみられた。

 大統領は23日、上下両院議長や各陣営との協議など新政権樹立に向けた動きを始めた。メディアでは2大勢力の中道左派連合、中道右派連合中心の連立政権樹立に期待がかかり、首相候補にアマート元首相らの名前が挙がっている。

「ニュース」のランキング