産経ニュース

【北方領土 非公式提案】クナーゼ露元外務次官の発言要旨

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北方領土 非公式提案】
クナーゼ露元外務次官の発言要旨

 -日本側の反応は

 「話を聞いた渡辺氏は少し黙り、同席していた斉藤邦彦外務審議官(当時)を見やった上で、受け入れられないと答えた。四島全てを求めるというのが日本の立場だったからだろう。渡辺氏が92年8月に訪露した際、もう非公式提案への言及はなかった。日本政府がこの提案を議論し、受け入れてくれることを期待していたので残念だった」

 -神の前で事実を語ったと言えるか

 「私は、神は信じないが、良心に従って話した」

(遠藤良介)

     ◇

 ゲオルギー・クナーゼ氏 1948年生まれ。ロシア屈指の日本専門家。外務次官(91~94年)、駐韓国大使(94~97年)を歴任。現在は人権問題全権代表部次長、世界経済国際関係研究所(IMEMO)主任研究員。

「ニュース」のランキング