産経ニュース

【あめりかノート】日本国憲法作成の真実 ワシントン駐在編集特別委員・古森義久

ニュース 国際

記事詳細

更新

【あめりかノート】
日本国憲法作成の真実 ワシントン駐在編集特別委員・古森義久

 今年は憲法の改正が国政の主要課題としてついに正面舞台に登場しそうである。改正への取り組みでは改めて、日本国憲法とはなんなのか、その起源にさかのぼって正確に認識することが欠かせないだろう。とくに日本の憲法がどのように作られたかを客観的に知ることが重要である。

 日本国憲法は日本が占領下にあった1946(昭和21)年2月、米国軍人十数人により10日ほどの間に書かれた。正式には連合国軍総司令部(GHQ)の民政局のコートニー・ホイットニー局長(陸軍准将)の下で次長のチャールズ・ケーディス大佐が起草の実務責任者となった。その草案は本体が書き直されることはまったくないまま、戦後の日本の憲法となった。この憲法作成の真実は歳月の経過とともに、ぼやけがちとなる。そのことを実感させられたのは作成にかかわった米国人女性ベアテ・シロタ・ゴードンさんの死去についての日本側の報道だった。昨年末、89歳で亡くなったゴードンさんは22歳だったころ日本国憲法の「男女平等を規定した第24条を起案し、書き上げた」というのである。

 しかし公式に残る記録からはその事実は浮かんでこない。死者の名誉を傷つける気はないが、疑問を禁じえないのは憲法作成の実務責任者のケーディス氏から当時の実情を詳しく聞いた経緯があるからである。同氏が元気だった1981年4月、4時間近くのインタビューだった。その英文の記録はすべて残っている。

「ニュース」のランキング