アゼルバイジャン軍の死者2700人超 ナゴルノ紛争 - 産経ニュース

アゼルバイジャン軍の死者2700人超 ナゴルノ紛争

 【モスクワ=小野田雄一】南カフカス地方の旧ソ連構成国、アゼルバイジャンとアルメニアの係争地、ナゴルノカラバフ自治州をめぐる紛争で、アゼルバイジャン国防省は3日、9月27日の戦闘開始から11月10日の停戦までに同国軍人2783人が戦死したと発表した。インタファクス通信が伝えた。
 同国はこれまで93人の民間人の死者を報告する一方、軍人の死者数は公表していなかった。
 一方、アルメニア保健省は今月2日、今回の紛争で自国側の軍人2718人が戦死したと公表した。