米制裁は「無恥で卑劣」 香港政府が激しく反発 - 産経ニュース

米制裁は「無恥で卑劣」 香港政府が激しく反発

林鄭月娥行政長官(AP=共同)
 【香港=藤本欣也】香港政府は8日、トランプ米政権が林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官ら中国・香港政府高官11人に制裁を科したことについて、「恥知らずで卑劣だ。露骨かつ粗暴な内政干渉であり、中国政府のいかなる対抗措置も全力で支持する」などとする声明を発表し、激しく反発した。
 林鄭氏はこの声明の中で、香港国家安全維持法(国安法)の執行が制裁理由の1つだったことを念頭に、「私たちは国家の安全を守るという名誉ある職務を果たしている。脅しには屈しない」と強調した。
 11人の制裁に含まれた、中国政府の香港出先機関「香港連絡弁公室」の駱恵寧(らく・けいねい)主任は「私は外国に資産がなく、制裁は無駄だ」と述べた上で、トランプ大統領に100米ドルを送金するから凍結すればいい-などと揶揄(やゆ)した。
 一方、民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は「米国の今回の決定は、国安法制定、民主派候補の立法会選出馬禁止、外国籍の活動家の指名手配など、中国による一連の弾圧に対する答えだ。他の国も香港政策を見直すだろう」とコメントした。