中国経済、2019、20年も減速 貿易摩擦激化、アジア開銀 - 産経ニュース

中国経済、2019、20年も減速 貿易摩擦激化、アジア開銀

独デュッセルバーグ行きの鉄道貨物をつり上げる、クレーン=30日、中国・重慶(ロイター)
 アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)は3日、2019年版「アジア経済見通し」を発表した。米国との貿易摩擦が激化したことにより、中国の国内総生産(GDP)成長率は18年の6・6%から、19年は6・3%、20年には6・1%に減速すると予測した。
 日本など一部先進国を除いたアジア太平洋地域全体の成長率も、18年の5・9%から、19、20年は5・7%、5・6%に下振れするとしており、それぞれ中国経済の鈍化が大きな影響をもたらす可能性を示している。
 中国国家統計局が1月に発表した18年のGDP成長率は、投資や個人消費が伸び悩んだことなどにより、17年から0・2ポイント減の6・6%で、28年ぶりの低水準となった。
 一方、人口規模で中国に次ぐインドは、政策金利の引き下げや農民への所得支援などで内需が拡大し、18年の7・0%から、19、20年はそれぞれ7・2%、7・3%の成長を見込んでいる。(共同)