北建国70年軍事パレードにICBM登場せず 金正恩氏はひな壇で中朝友好をアピール

激動・朝鮮半島
朝鮮の建国70年の記念日に行われた軍事パレードに登場した地対空ミサイル=9日、平壌の金日成広場(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が建国70年を記念し9日、平壌で実施した軍事パレードに大陸間弾道ミサイル(ICBM)が登場しなかったことが分かった。式典を現地で取材した各国メディアが伝えた。トランプ米政権と非核化協議を続ける中、米本土を狙った兵器の登場を見送り、米国を刺激することを避けたとみられる。

 過去の軍事パレードに動員してきた短・中距離の弾道ミサイルと推定されるミサイルも見られなかったという。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長はひな壇でパレードを観覧。訪朝した中国共産党の栗戦書(りつ・せんしょ)全国人民代表大会常務委員長(国会議長に相当)と終了後に手を取り合って掲げ、中朝の友好をアピールした。

 パレードに合わせた演説は、党序列2位の金永南(ヨンナム)最高人民会議常任委員長が行った。