韓国でMERS感染確認 クウェート出張の男性 - 産経ニュース

韓国でMERS感染確認 クウェート出張の男性

 韓国保健福祉省の疾病管理本部は8日、ソウル在住の男性(61)が中東呼吸器症候群(MERS)に感染したと発表した。韓国では2015年、MERSで38人が死亡するなど感染が拡大。同本部は男性との接触者の隔離措置を取るなど対策を進めている。
 同本部によると、男性は8月中旬からクウェートに出張し、今月7日に帰国。発熱などの症状を訴え、検査の結果、感染が確認された。
 MERSは12年以降、主に中東地域で広く発生している感染症。発熱やせき、呼吸困難などを起こし、重症化することもある。(共同)