ホワイトハウスが匿名高官特定に奔走 米紙はペンス副大統領ら20人の“容疑者”リストを掲載

トランプ政権
米ノースダコタ州で行われた資金集めの集会で、同州上院議員候補を指さすトランプ米大統領(左)=7日(ロイター)

 トランプ米大統領を批判する匿名の政府高官の寄稿がニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたのを受け、ホワイトハウスは7日も“裏切り者”の特定に奔走した。容疑者を数人に絞り込んだとの報道もある。「国家反逆罪」と憤るトランプ氏は司法省に調査を要求するなど圧力を強めるが、言論の自由に対する権力乱用との懸念も出ている。

 CNNテレビは、トランプ氏の意向に沿って犯人捜しを続ける側近らが、寄稿者と疑われる人物を数人に絞り込んだと報道。米紙ワシントン・ポストは「寄稿を否定した人物も注意深く観察しなければならない」と指摘し、ペンス副大統領やハンツマン駐ロシア大使、コーツ国家情報長官ら20人の“容疑者”リストを電子版に掲載した。

 同リストのトップに上がるのはコンウェー大統領顧問。最近は政権発足時ほどトランプ氏を擁護する発信が少なくなったことや、夫がトランプ氏に批判的であることを理由に挙げた。(共同)