【トランプ政権】陣営の元外交顧問が禁錮14日の実刑 - 産経ニュース

【トランプ政権】陣営の元外交顧問が禁錮14日の実刑

トランプ陣営の元外交顧問、ジョージ・パパドプロス氏(右から2人目)=7日、ワシントン(AP)
禁錮刑の宣告を受け、裁判所を出るジョージ・パパドプロス被告=7日、米ワシントンの連邦地裁(ロイター)
ドナルド・トランプ米大統領陣営のロシア疑惑の発端となる禁錮14日の判決を受けた後、メディアの取材に応じるトランプ米大統領の元外交顧問、ジョージ・パパドプロス被告の弁護人=7日、米ワシントンの連邦地裁(AP)
メディアの取材を受ける、ロシア疑惑の発端となったトランプ陣営の元外交顧問で禁錮14日の判決を受けたジョージ・パパドプロス被告の弁護人=7日、米ワシントンの連邦地裁前(AP)
取材を受ける、ロシア疑惑の発端となる偽証罪に問われ、禁錮14日の有罪判決を受けた元大統領外交顧問、ジョージ・パパドプロス被告の妻=7日、米ワシントンの連邦地裁前(AP)
メディアの取材を受ける、ロシア疑惑の発端となり、FBIに最初に訴追された大統領の元外交顧問、ジョージ・パパドプロス被告の弁護人=7日、米ワシントンの連邦地裁前(AP)
 【ワシントン=黒瀬悦成】米ワシントンの連邦地裁は7日、ロシア疑惑を捜査している連邦捜査局(FBI)に虚偽の証言をしたとして偽証罪に問われたトランプ陣営の元外交顧問、ジョージ・パパドプロス被告に禁錮14日の実刑判決を言い渡した。ロシア疑惑をめぐっては、陣営の選対本部長を務めたポール・マナフォート被告が8月下旬に有罪評決を受けている。
 パパドプロス被告は、先の米大統領選の民主党候補、クリントン元国務長官に不利な情報を提供があると持ちかけられ、ロシア政府に連なる英国在住の大学教授やプーチン露大統領の親類を名乗るロシア人女性らと何度も接触し、トランプ氏とプーチン氏の会談の設定を図るなどした。
 しかし、同被告は昨年1月に行われたFBIの事情聴取に対し、一連の接触に関し虚偽の供述をしたとして同年7月に逮捕され、法廷で罪を認めた。
 ロシア疑惑の捜査を指揮するモラー特別検察官は、捜査を妨害しようとした同被告の態度は悪質だとして、「最大6カ月」の禁錮刑を求めていた。