アントニオ猪木氏が北朝鮮入り 建国70年行事に参加

 
平壌国際空港に到着したアントニオ猪木参院議員=7日(共同)

 アントニオ猪木参院議員(75)は7日、北朝鮮建国70年の祝賀行事に参加するため空路平壌に到着した。10日まで滞在し、朝鮮労働党で外交を統括する李洙●(=土へんに庸)(リ・スヨン)副委員長らと会談する予定。

 猪木氏は訪朝前に経由地の北京で取材に応じ、スポーツ交流を通じて日朝の対話を進展させたいとし、会談で日本人拉致問題も提起する意向を示していた。

 9日の祝賀行事では、今年2月以来となる軍事パレードが行われる見通し。10万人規模のマスゲーム・芸術公演「輝く祖国」も上演される。

 猪木氏は長年北朝鮮とスポーツ交流を続け、昨年9月にも訪朝して李氏と会談した。

 日本政府は対北朝鮮制裁の一環として、全国民に渡航自粛を要請している。

 猪木氏は移動に車いすを使用。平壌入りに先立ち中国・北京の空港で報道陣に対し「腰の手術」をしたばかりだと話していた。(共同)