【トランプ政権】米紙へ政権批判の匿名寄稿をした高官は誰だ? トランプ氏「犯人捜し」を本格化 主要閣僚は否定 - 産経ニュース

【トランプ政権】米紙へ政権批判の匿名寄稿をした高官は誰だ? トランプ氏「犯人捜し」を本格化 主要閣僚は否定

ペンス米副大統領(AP)
 【ワシントン=黒瀬悦成】米紙ニューヨーク・タイムズがトランプ大統領を批判する匿名の政権高官の寄稿を掲載したのを受け、主要閣僚らは6日、「筆者は自分ではない」と否定する声明を次々と発表した。トランプ氏はホワイトハウス職員らに命じて「犯人捜し」を本格化させるなど、波紋は拡大している。
 米メディアによると、トランプ氏は政権高官らによる声明を職員らに印字させて自身で取りまとめ、誰が否定したかをチェックしている。主要閣僚の大半が関与を否定する中、ホワイトハウス内部では、寄稿の文体などを分析して筆者を割り出す試みも進められているとされる。
 そうした中、寄稿に「lodestar」(北極星、指導原理の意)という、ペンス副大統領が演説などで好んで使う単語があったことから、ペンス氏の仕業と疑う見方も浮上。ただ、ペンス氏は「あり得ない」と断言したほか、別の人物がペンス氏に疑いの目を向けさせようと、あえてこの単語を使った可能性もあるとして、臆測が臆測を呼ぶ状態となっている。
 ポンペオ国務長官は訪問先のインドで記者団に、寄稿したのは「不満を抱えた不誠実な人物だ」とし、「指揮官の指示を実行できない人物は、政権を去るしかない」と主張した。
 一方、サンダース大統領報道官がツイッターで「匿名の卑怯者」を特定するため同紙の本社に直接電話しようと呼びかけたのを受け、同紙にはトランプ支持者から苦情の電話が殺到しているという。