ボツワナでゾウ90頭殺害 象牙目的の密猟で過去最悪の被害か

 
ボツワナのチョベ国立公園で水を飲むゾウたち(AP)

 アフリカ南部ボツワナのゾウの保護団体「国境なきゾウたち」は、国内で約90頭のゾウが殺害されているのを今年7月以降に発見したと明らかにした。象牙目的の密猟とみられ、アフリカで過去最悪の被害の可能性があるという。英BBC放送などが4日までに報じた。

 同団体によると、野生動物が多く生息するオカバンゴ湿地帯近くの複数の水場で死骸が見つかった。殺されたのは主に雄で、銃で撃たれ、牙が切り取られていた。

 ボツワナではこれまで、政府のレンジャーが銃で武装し、密猟者を取り締まっていたが、今年に入り隊員が銃器を携行するのをやめた。これに乗じて、密猟者が周辺国から移ってきたとみられるという。

 ボツワナはアフリカで最多のゾウ生息国だが、象牙が装飾品や漢方に用いられ高値で取引されるため、密猟の危機にさらされている。(共同)