中国、アフリカに再び6.6兆円 習近平氏が首脳会合で表明 一部債務免除も - 産経ニュース

中国、アフリカに再び6.6兆円 習近平氏が首脳会合で表明 一部債務免除も

「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会議に先立つビジネスイベントで挨拶する中国の習近平国家主席=3日、北京(AP)
北京の人民大会堂で開かれた「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会合で演説する中国の習近平国家主席=3日(共同)
 【北京=西見由章】中国の習近平国家主席は3日、北京の人民大会堂で開幕した「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会合で演説し、アフリカの発展支援のために今後3年間をめどに600億ドル(約6兆6千億円)を拠出すると発表した。中国は巨大経済圏構想「一帯一路」の枠組みによるインフラ投資を継続し、資源の主要輸入先で潜在的な巨大市場でもあるアフリカへの影響力拡大を図る構えだ。
 習氏によると、600億ドルの内訳は無償援助や無利息借款、特別融資が150億ドル、中国企業によるアフリカへの投資が100億ドルなど。アフリカ諸国の一部で政府債務が膨張していることを受けて、今年末までに償還期限を迎えながら返済不能の無利息借款については債務免除を認めた。
 習氏は、世界最大の発展途上国である中国とアフリカは利害が一致する「運命共同体」だと強調。中国への通商圧力を強めるトランプ米政権を念頭に「揺るぎなく多国間貿易体制を守り、保護主義と一国主義に反対する」と牽制した。
 フォーラムは2000年に発足。習氏は15年に南アフリカ・ヨハネスブルクで開催された首脳会合でも、3年間で600億ドルをアフリカに拠出する方針を表明している。
 アフリカでの「一帯一路」事業をめぐってはケニアで昨年5月、ナイロビ-モンバサ間を結ぶ全長480キロの鉄道が開通。ジブチでも今年7月から中国の投資で「国際自由貿易区」の建設が本格化した。