「待ち望んだ変化」と歓迎 米支援停止でイスラエル首相 - 産経ニュース

「待ち望んだ変化」と歓迎 米支援停止でイスラエル首相

イスラエルのネタニヤフ首相(ロイター)
 トランプ米政権による国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への資金拠出停止表明について、イスラエルのネタニヤフ首相は2日、「待ち望んだ重要な変化だ」と述べ、米政権の決定を支持した。イスラエルのメディアが伝えた。
 ネタニヤフ氏は「難民の社会復帰を支援するために資金を使わなければならない」と主張。実際のパレスチナ難民の数はUNRWAが報告している数字よりもずっと少ないとし、米政権の決定が「問題解決の始まりになる」と訴えた。
 ネタニヤフ氏はかねて、「難民の子孫も難民」と認定するUNRWAの方針により、パレスチナ難民の数が制限なく増え続け、問題解決を困難にしているとして強い不満を表明。UNRWAよりも、国連で難民全般の保護や救済などを行う国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に資金を拠出すべきだと主張していた。(共同)