「より力強い国連が必要」習近平主席がトランプ米政権をけん制

 
中国の習近平国家主席(AP)

 新華社電によると、中国の習近平国家主席は2日、北京を訪問している国連のグテレス事務総長と面会し「世界は以前にも増して多国間主義と、より力強い国連を必要としている」と述べ、米国優先の政策を進めるトランプ米政権をけん制した。

 習氏は「一国主義や保護主義の台頭によって、国際秩序や世界の統治システムが脅かされている」と指摘。中国は「一貫して多国間主義や、国連の権威や役割を支持している」と述べ、国連が国際問題の解決のために主導的役割を果たすことに期待を示した。(共同)