【激動・朝鮮半島】「制裁と関係改善両立せず」北朝鮮紙が米韓を牽制 - 産経ニュース

【激動・朝鮮半島】「制裁と関係改善両立せず」北朝鮮紙が米韓を牽制

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は16日、米国が北朝鮮に対する制裁圧力を維持するよう騒ぎ立てていると非難、「制裁と関係改善は両立しない」と主張し、米国に同調しないよう韓国を牽制(けんせい)した。
 記事は、米国が韓国政府だけでなく企業や民間団体にまで圧力を加えて南北の協力を妨害し、南北関係に不当に干渉していると批判。韓国が米国の顔色をうかがうようでは、4月の南北首脳による板門店宣言を履行し南北関係を進展させることはできないとした。(共同)