【激動・朝鮮半島】早期にロシア・北朝鮮首脳会談の用意、プーチン氏が金正恩氏に祝電 - 産経ニュース

【激動・朝鮮半島】早期にロシア・北朝鮮首脳会談の用意、プーチン氏が金正恩氏に祝電

 北朝鮮の朝鮮中央通信によると、ロシアのプーチン大統領は日本の植民地支配からの朝鮮半島解放記念日である15日、金正恩朝鮮労働党委員長に祝電を送った。早期に金氏と会談する用意があると伝え、改めて首脳会談に意欲を表明した。
 プーチン氏は祝電で、ロシア、北朝鮮、韓国が参加する3カ国計画の実現をはじめ、互恵的な協力を発展させていくことができると確信していると指摘。「切実な両国関係問題と重要な地域問題を討議するため早い時期に会談する用意がある」と明言した。
 3カ国計画は、鉄道やエネルギー協力の事業を指すとみられる。
 プーチン氏は、5月に訪朝したラブロフ外相に金氏への親書を託し、訪ロを要請。両国は年内の首脳会談実現で合意した。プーチン氏は9月に極東ウラジオストクで開かれる東方経済フォーラムにも金氏を招待しているが、北朝鮮側の対応は明らかになっていない。(共同)