韓国で14日、初の慰安婦記念日 民間の反日行事の中、対日関係改善を目指す文在寅政権は…

歴史戦

 【ソウル=名村隆寛】韓国は14日、初の「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」を迎える。15日は日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」で、各地で対日批判の行事が行われる。

 14日は韓国人女性、金(キム)学(ハク)順(スン)さん(故人)が1991年に慰安婦であったことを初めて公にした日で、昨年末、公式記念日となった。韓国女性家族省によると、韓国政府は14日、中部の忠(チュン)清(チョン)南(ナム)道(ド)天(チョ)安(ナン)市にある国立望郷の銅像前で記念式を行う。式には元慰安婦や市民団体、青少年を含む市民ら400人余りが参加する。

 また、北西部の京(キョン)畿(ギ)道(ド)楊(ヤン)州(ジュ)市と南西部の全(チョル)羅(ラ)南道長(チャン)城(ソン)郡では市民団体などが慰安婦像を設置する。ソウルや全羅北(プク)道(ト)でも設置計画があり、韓国で現在100体以上設置されている慰安婦像はさらに増える。ソウルの公園では、朴(パク)正(チョン)煕(ヒ)元大統領の胸像を撤去し慰安婦像を設置する動きもある。

 国立国楽院などは記念公演を開催。南部の慶(キョン)尚(サン)南道晋(チン)州(ジュ)市の国立博物館では特別行事が催され、各地で慰安婦問題をテーマとした映画の上映や展覧会もある。

 文(ムン)在(ジェ)寅(イン)政権は日韓パートナーシップ宣言から20年の今年、対日関係の改善を目指している。ただ、「慰安婦の日」は文政権下で制定されており、一連の反日行事は文政権のジレンマにもなっている。釜山の市民団体は日本総領事館前への徴用工像設置を求め15日に総領事館周辺で集会や大行進を計画しているが、警察が制限を通告。当局も日本への配慮に苦慮している。