北朝鮮の黄炳瑞氏は党第1副部長 復権後の肩書き確認は初 金正恩氏と同行

激動・朝鮮半島
黄炳瑞氏(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、金正恩朝鮮労働党委員長が平安南道の雲谷地区総合牧場を視察したと報じ、昨年秋に処罰されたとされ、朝鮮人民軍総政治局長を解任された黄炳瑞氏が党中央委員会第1副部長として同行したと伝えた。

 黄氏は昨年10月から今年6月まで動静報道が途絶え、最近復権したとみられる。肩書が確認されたのは初。

 同通信は、同じ視察に同行した故呉振宇元人民武力相の息子の呉日正氏と、金勇帥氏をいずれも党中央委員会副部長の肩書で報じた。2人は以前は党部長だった。

 正恩氏は牧場の畜産研究所で、北朝鮮の畜産科学技術は立ち遅れており、発展に力を入れなければならないと指摘した。

 同通信は13日、正恩氏が平安南道价川に新設された延豊湖放流漁業事業所も視察したと報じた。視察日はいずれも不明。(共同)