南北が板門店で閣僚級会談 首脳会談の早期開催が焦点

激動・朝鮮半島
南北閣僚級会談で握手する韓国の趙明均統一相(左)と、北朝鮮の李善権・祖国平和統一委員会委員長=13日、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」(聯合=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国と北朝鮮は13日、閣僚級会談を軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側施設「統一閣」で始めた。南北は秋に平壌(ピョンヤン)で今年3回目となる首脳会談を開くことで合意しているが、北朝鮮の非核化をめぐる米朝協議が停滞する中、早期開催で一致できるかが焦点だ。韓国では、今月末~9月初めに首脳会談が前倒しされる可能性があるとの見方が出ている。

 閣僚級会談は北朝鮮が提案し、開催は今年に入って4回目。首席代表は前回までと同様、韓国側は趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相、北朝鮮側は祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長が務めた。趙氏は会談前、「北側の立場を聞き、われわれの考えも話したい」と記者団に述べた。

 4月の首脳会談で発表した「板門店宣言」の履行状況も議論するとしている。北朝鮮は最近、宣伝サイトなどを通じて「米国の制裁策動に便乗した南側(韓国)の不当な対応」で履行が進まないと不満を示しており、首脳会談の早期開催を“カード”に、制裁にとらわれずに経済協力に踏み出すよう要求する可能性がある。北朝鮮側は鉄道省次官や民族経済協力委員会副委員長も出席しており、経済協力策の進展を見据えた布陣を敷いている。

 北朝鮮側が信頼醸成措置として、米国や韓国に繰り返し求めている朝鮮戦争の終戦宣言問題を持ち出すことも想定される。