【激動・朝鮮半島】北朝鮮のミサイル基地の解体進むも「不可逆的といえない」 改修の可能性? 米サイト分析 - 産経ニュース

【激動・朝鮮半島】北朝鮮のミサイル基地の解体進むも「不可逆的といえない」 改修の可能性? 米サイト分析

3日に撮影された北朝鮮・東倉里の「西海衛星発射場」の衛星写真。(1)解体作業が進むエンジン実験施設(2)一部解体された燃料貯蔵施設(3)解体された実験施設の鉄鋼部品(プレアデス(c)CNES 2018、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)
7月22日時点での北朝鮮・東倉里の「西海衛星発射場」の衛星写真。(1)解体された建物(2)一部解体された燃料貯蔵施設(3)上部構造物が撤去されたミサイルエンジン実験施設(4)車両(エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)
 【ワシントン=黒瀬悦成】米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は7日、北朝鮮北西部東倉里(トンチャンリ)の弾道ミサイル基地「西海(ソヘ)衛星発射場」の解体作業が進展しているとする、商業衛星画像の分析結果を発表した。
 ただ、主要施設が完全に廃棄されたわけではなく、一連の解体措置は「恒久的でも不可逆的でもない」と指摘。発射場の解体が米朝首脳会談で北朝鮮が表明した約束履行の「第一歩」と位置づけられるかどうかは「慎重に見極める必要がある」とした。
 同サイトによると、今月3日撮影の衛星画像で、発射場内にある垂直式のロケットエンジン試験台の鉄製構造物の解体が進んでいることが確認された。また、ミサイル発射台の関連施設の壁について、西側の3分の2、北側の3分の1が撤去されていることも判明したとしている。
 ただ、同サイトは一連の動きを「施設を別の用途に改修する作業を始めた可能性も排除できない」と指摘。エンジン試験台のコンクリート製土台や発射台の基礎部分などが取り壊されれば「より恒久的で不可逆的な行動と判断することができる」と強調した。
 トランプ米大統領は6月の米朝首脳会談後の記者会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がミサイル実験場の破壊を約束したと述べていた。