アジア大会、竹島描いた「統一旗」使用認めず

激動・朝鮮半島
5日、非核平和を訴える催しで南北統一旗を掲げる男性=韓国・陜川(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】18日にインドネシアで開幕するアジア大会で、韓国と北朝鮮が求めていた朝鮮半島に竹島(島根県隠岐の島町)を描いた「統一旗」の使用を主催者側が承認しなかったことが7日、分かった。聯合ニュースが韓国文化体育観光省関係者らの話として報じた。

 南北は6月のスポーツ当局者協議で合同入場行進などの際に、南北が「独島(トクト)」と称する竹島を加えた統一旗を掲げることを推進する方針で合意。大会を主管するアジア・オリンピック評議会(OCA)に繰り返し承認を要請したが、OCAは国際オリンピック委員会(IOC)の基準に準じる必要があるとして同意しなかったという。

 IOCは大会での政治的宣伝を禁じている。2~3月の平昌五輪・パラリンピックでは、竹島抜きの統一旗が使われ、北朝鮮側が強く反発していた。