【激動・朝鮮半島】北外相、制裁切り崩しへ相次ぎ会談 ARF閣僚会議 非核化より「信頼醸成が先」と米を非難 - 産経ニュース

【激動・朝鮮半島】北外相、制裁切り崩しへ相次ぎ会談 ARF閣僚会議 非核化より「信頼醸成が先」と米を非難

 ASEAN地域フォーラム閣僚会議に出席した北朝鮮の李容浩外相。手前は河野外相=4日、シンガポール(共同)
 ASEAN地域フォーラム閣僚会議で、北朝鮮の李容浩外相(右)と言葉を交わすポンペオ米国務長官=4日、シンガポール(共同)
 ASEAN地域フォーラム閣僚会議で、北朝鮮の李容浩外相(右)に歩み寄るポンペオ米国務長官=4日、シンガポール(共同)
北朝鮮とASEAN関連参加国の構図
 【シンガポール=吉村英輝、ソウル=桜井紀雄】東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議出席のため、シンガポールを訪れた北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は、各国外相との会談を精力的にこなし、存在感を見せつけた。ただ、ポンペオ米国務長官とは会議前にあいさつを交わしただけ。韓国外相との個別会談も断っており、非核化と制裁をめぐる溝が浮き彫りになった。
 「憂慮されるのは米国内で指導部の意図と違う方向に引き返そうとする試みがあることだ」。李氏は会議でこう演説し、米側の信頼醸成措置が先だと訴えた。
 一方で、会議冒頭の記念撮影の際には、ポンペオ氏と笑顔で握手し、言葉を交わす場面も見られた。ポンペオ氏はツイッターで、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長のトランプ大統領への親書の返書を米側が李氏に手渡したことも明らかにした。
 ポンペオ氏は記者会見で、北朝鮮の非核化に関し「決意は固く、実現を楽観している」とも述べており、決裂を回避しようとする姿勢も目立った。ただ、具体的非核化措置に進展がみられない中、注目された米朝外相間の個別会談は不発に終わったもようだ。
 「雰囲気が明らかに違う」。ASEANの昨年の議長国、フィリピンのカエタノ外相は4日、北朝鮮による直前の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射で紛糾した昨年の会議と比較して記者団にこう語った。
 6月の米朝首脳会談を受けて各国が北朝鮮と友好的な態度に転じたため、「ARFはもう刺激的な場所ではなくなる」とも述べた。
 昨年は多くの外相が李氏との2国間会談を拒否し、北朝鮮の孤立が際立った。今年は一転、北朝鮮側によると、4日にミャンマーや欧州連合(EU)など4カ国・機構の代表と会談。3日にも7カ国の外相と会ったという。制裁緩和に向けた協力を求めたとされる。
 韓国外務省当局者によると、康京和(カン・ギョンファ)外相とも3日の夕食会で和やかに意見交換したが、個別会談を打診した康氏に対して李氏は「応じる立場ではない」と婉曲(えんきょく)に断った。米朝間で停滞した非核化交渉の仲介策を模索してきた韓国政府ははしごを外された形だ。
 北朝鮮は「制裁・圧迫にしがみつくなら、真の関係改善は期待できない」(労働新聞)と韓国を牽制(けんせい)。米国との制裁路線から手を引かない限り、安易に会談には応じないと無言の圧力をかけたともいえそうだ。