東アジアサミット外相会議が開幕 南シナ海情勢などで意見交換へ - 産経ニュース

東アジアサミット外相会議が開幕 南シナ海情勢などで意見交換へ

東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合の日程
外相会議で発言する河野外相=4日、シンガポール(共同)
外相会議で発言する韓国の康京和外相=4日、シンガポール(共同)
中国の王毅外相=4日、シンガポール(共同)
 【シンガポール=吉村英輝】東アジアサミット(EAS)外相会議(参加18カ国)が4日、シンガポールで開幕した。東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国が領有権を争う南シナ海や、中国が進出圧力を強める東シナ海の情勢などで意見交換し、議長声明をとりまとめる。
 EASは、ASEAN加盟10カ国に日本や中国、韓国、米国、ロシアなどで構成される。
 南シナ海問題では、ASEAN外相会議が2日、共同声明で、中国による人工島造成などを念頭に「埋め立て活動に対する懸念に留意する」と表明。EAS外相会議の議長声明も懸念を明記するか注目される。
 朝鮮半島情勢では昨年、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し「重大な懸念」を表明したが、今年に入ってからの南北や米朝の首脳会談を受け、各国からは非核化に向けた努力を促す発言が相次ぎそうだ。
     ◇
 一連のASEAN関連閣僚会議は、最終日の4日午後、北朝鮮の李容浩外相も参加するASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議(同27カ国・機構)を開催し、閉幕する。