北京の北朝鮮大使館が米朝会談の写真張り出す 米韓との関係改善などアピール目的か

激動・朝鮮半島
北京の北朝鮮大使館の掲示板に張り出された米朝首脳会談の写真を見る男性=29日(共同)

 北京の在中国北朝鮮大使館は29日までに、正門脇の掲示板に、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領による6月の米朝首脳会談や、4月に行われた文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領との南北首脳会談の写真を張り出した。

 今月27日の朝鮮戦争休戦協定締結65年に合わせた措置とみられる。韓国の聯合ニュースによると、同大使館が米韓の首脳の写真を掲示したのは初。米韓との関係改善や国際社会での孤立脱却を印象付ける狙いがありそうだ。

 29日時点で掲示されている写真は16枚。中央に金氏と中国の習近平国家主席との首脳会談、左側に南北首脳会談、右側に米朝首脳会談の写真を配置している。シンガポールでの米朝首脳会談の写真は4枚で、2人が握手したり連れ立って歩いたりする様子を張り出した。(共同)