トランプ大統領、ロシアによる選挙干渉断定した米情報機関の結論「受け入れる」 非難噴出で発言訂正

ロシアゲート疑惑
プーチン露大統領との首脳会談について話すトランプ米大統領=17日、ワシントン(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は17日、ホワイトハウスで議員団との会合の冒頭にメモを読み上げ、ロシアによる2016年米大統領選への干渉を断定した米情報機関の結論を「受け入れる」と表明した。16日にヘルシンキで行われた米露首脳会談後の共同記者会見でロシアのプーチン大統領に選挙干渉に関して全く追及せず、身内の共和党を含め米国内で非難が噴出したのを受けて釈明に追い込まれた。

 トランプ氏は「情報機関を全面的に信用し支持している」と述べた上で、今年の中間選挙では「ロシアの介入を阻止するため全力を挙げる」と強調した。

 また、16日の記者会見で「ロシアが(選挙干渉を)やったと考える理由が全く分からない」と発言したことについては、「考えない理由が分からない」の言い間違えだったと主張した。

 しかし、トランプ氏は記者会見で干渉問題に関し何度も聞かれたにもかかわらず、「プーチン氏は非常に強く干渉を否定した」「私にできるのはプーチン氏に(干渉の有無を)聞くことだけだ」などと述べるばかりで、同氏に干渉をやめるよう要求しなかった。

 さらにトランプ氏は17日、先の大統領選に干渉したのは「(ロシアの)ほかにもいるかもしれない」と語るなど、ここでも情報機関の結論と食い違う見方を示しており、問題が今後も尾を引くのは確実だ。

 トランプ氏とプーチンは首脳会談で、閣僚を交えた協議のほかに、通訳だけを介して2人で約2時間にわたり意見を交換した。ポンペオ国務長官は来週、上院外交委員会で証言し、米露会談で何が話し合われたのかを説明する。