日韓合意めぐる元慰安婦らの訴え棄却 ソウル中央地裁

 
韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像

 【ソウル=名村隆寛】慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意は不当だとして、韓国の元慰安婦の女性10人が韓国政府に損害賠償を求めていた訴訟で、ソウル中央地裁は15日、原告の訴えを棄却した。

 地裁は「合意の法的責任の認定や合意に基づき日本が拠出した10億円の性格が不明確な点など、不足する部分は多い」としつつも、「外交的行為は国家間の関係で幅広い裁量権が許容される点を考慮すれば、違法とはいえない」との判断を示した。

 一方で、合意により原告個人の日本に対する損害賠償請求権が消滅するとはみなし難いとした。