特定失踪者問題調査会・荒木和博代表「失敗だった…拉致被害者は帰ってこない」

米朝首脳会談

 特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は14日、米朝首脳会談に関し「明らかに失敗だった。あれでは拉致被害者は帰ってこない」との見方を示した。国会内で開かれた日本維新の会の拉致対策本部総会で語った。

 荒木氏は「北朝鮮が話し合いに乗って行動を変えたときは、武力によって自分たちが抹殺されるのではないかという恐怖感があったときだけ」と述べた。また、トランプ米大統領が米韓合同軍事演習の中止に言及したことに懸念を示した上で「安倍晋三首相は米国の圧力をバックにして北朝鮮を話し合いに引っ張り出そうとしてきたが、米国のバックがなくなってしまったとなれば、方針を変えざるを得ない」と強調した。

 拉致被害者家族連絡会の増元照明前事務局長は同じ会合で、トランプ氏が北朝鮮の非核化の費用に関し「韓国と日本に支援する用意がある」と語ったことについて「拉致問題の解決なくして日本がお金を出すことは非常に違和感を持つし、拉致被害者家族としてとても許すことはできない」と訴えた。