【米朝首脳会談】米世論調査、51%がトランプ氏評価 「非核化実現しない」40% - 産経ニュース

【米朝首脳会談】米世論調査、51%がトランプ氏評価 「非核化実現しない」40%

シンガポールで開かれたドナルド・トランプ米大統領と金正恩・朝鮮労働党委員長との会談を報じるニュースを見る人たち=11日、米ロサンゼルスのコリアンタウン近くのショッピングモール・フードコート(ロイター)
 ロイター通信は13日、米朝首脳会談についての世論調査を発表した。米国民の半数をわずかに上回る51%がトランプ大統領による対北朝鮮外交は適切だったと回答し、史上初の米朝会談を評価したと分析した。
 米朝両首脳が署名した共同声明では非核化の詳細が盛り込まれなかったことなどから、米側が北朝鮮に譲歩したとの批判も強く、米国内の評価は割れている。
 北朝鮮が非核化の約束を履行すると回答したのは26%だったのに対し、非核化は実現しないと答えたのは40%に上った。米朝会談を受けて核戦争の脅威が低下したとの回答は39%、情勢に変化はないとしたのは37%で見解が分かれた。
 一方、米朝会談が実現したのはトランプ氏の功績だと答えたのは40%で最多。韓国の文在寅大統領の11%、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の7%が続いた。調査は今月12~13日、千人以上を対象に実施された。(共同)