トランプ氏、金正恩氏は「ただちに非核化着手」と見通し 米メディアと会見

米朝首脳会談
米朝首脳会談後に開かれた記者会見で、質問者を指名するドナルド・トランプ米大統領=12日、シンガポール(共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は12日、米朝首脳会談終了後、シンガポールで米FOXニュースの司会者、ショーン・ハニティ氏のインタビューに応じた。トランプ氏は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「帰国後ただちに非核化のプロセスを開始すると確信している」と述べ、北朝鮮による首脳会談での「完全非核化」の合意を履行に自信を示した。

 FOXが公表したインタビューの抜粋によると、トランプ氏は米朝が「北朝鮮の非核化プロセスを開始する」とし、「プロセスは非常に迅速に進もうとしている」と強調した。

 トランプ氏はまた、「金氏は北朝鮮が非核化しなければならないことを十分に理解していた。その点については争わなかった」と指摘。「金氏は(非核化)を実現させたがっている」と訴えた。

 さらに、自身がこれまで金氏を「ちびのロケットマン」と呼んだり、北朝鮮が「炎と怒りに見舞われる」などと威嚇したことに関し、「こうした発言がなければ会談は実現しなかっただろう」と主張。「こうしたことは言いたくなかったし、ばからしく思ったこともあるが、ほかに選択肢がなかった」とも語った。

 一方、トランプ氏は12日夜、首脳会談を終えて専用機でシンガポールを出発する直前、記者団に対し、北朝鮮が非核化を実行しているか「強力に検証していく」とする一方、北朝鮮が「包括的かつ完全な(核放棄)計画」を用意していると述べ、非核化の実現に楽観的な見通しを示した。

 ハニティ氏はトランプ氏の盟友として知られ、ホワイトハウスに頻繁に出入りするのが目撃されているほか、政策上の助言をする「影の補佐官」役を務めているとの見方もある。