【米朝首脳会談】非核化の「段階的措置」で一致と北朝鮮が報道 金正恩氏がリード、演習中止などを勝ち取る、と - 産経ニュース

【米朝首脳会談】非核化の「段階的措置」で一致と北朝鮮が報道 金正恩氏がリード、演習中止などを勝ち取る、と

トランプ米大統領との会談で笑顔を見せる北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=12日、シンガポール(朝鮮中央通信撮影・共同)
 【シンガポール=桜井紀雄】朝鮮中央通信など北朝鮮メディアは13日、金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領が12日にシンガポールで開いた史上初の米朝首脳会談の結果を報じ、両首脳が朝鮮半島の平和と安定、非核化を実現する過程で「段階別、同時行動の原則」を順守することが重要だとの認識で一致したと伝えた。
 会談で金氏が、平和体制構築の重要性を強調し「相手を敵視する軍事行動を中止する勇断をまず下すべきだ」と促したのに対し、トランプ氏が米韓合同軍事演習の中止や安全の保証の提供、関係改善の進展に伴い対北制裁を解除できるとの意向を表明したとした。
 金氏が会談をリードし、演習中止といった成果を勝ち取ったと内外に向けて印象付ける狙いとみられる。
 同通信は、新たな米朝関係樹立などをうたった共同声明の内容をそのまま伝え、両首脳がそれぞれの北朝鮮と米国への訪問を招請し、ともに快諾したと報じた。トランプ氏が日本人拉致問題の解決を提起したことには触れなかった。
 会談で両首脳は、数十年続いた敵対的な米朝関係に終止符を打ち、朝鮮半島の平和と安定に向けた「実践的諸問題について率直な意見を交わした」とした。非核化措置をめぐって金氏は「米側が信頼構築措置を講じていくなら、われわれもそれに応じて次の段階の追加的な善意の諸措置を講じていくことができる」との立場を強調したという。
 これまで米側が「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を求めてきたのに対し、北朝鮮は段階ごとに見返りが伴う段階的措置を主張してきた。北朝鮮の報道は、米側も段階的措置を容認したと受け取れる内容である上、具体的な非核化措置には触れていない。具体的措置をめぐる今後の米朝協議で認識の隔たりが露呈する恐れも否定できない。