米朝首脳が共同声明 北の体制保証、朝鮮半島の完全な非核化を明記 会談で拉致問題も提起

米朝首脳会談
 共同声明の署名式で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(ロイター)

 【シンガポール=黒瀬悦成】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで史上初めての米朝首脳会談を行った。両首脳は会談後に共同声明に署名。声明で金氏は焦点の核問題で「朝鮮半島の完全な非核化」に向けて取り組むと約束する一方、トランプ氏も北朝鮮体制の安全を保証すると表明した。トランプ氏は同日夕、帰国の途についた。

 共同声明は北朝鮮による日本人拉致などの人権問題には言及していないが、トランプ氏は声明の署名式後の記者会見で拉致問題を提起したことを明らかにし、北朝鮮側と「今後取り組んでいく」と述べた。

 共同声明で両首脳は新たな米朝関係の構築に向け、「包括的かつ誠実に意見を交わした」と強調。非核化に向けた米朝の信頼醸成措置として、朝鮮戦争当時の米軍の戦時捕虜や戦闘時行方不明兵の遺骨の回収と引き渡しに共同で取り組むことなどで合意した。しかし、米政府が求める「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)の文言は明記されなかった。

 トランプ氏は記者会見で、「金委員長と意義ある時間を過ごせた。朝鮮戦争を終わらせることができるという希望を持つことができた」と語った。また、北朝鮮との対話継続中は米韓合同軍事演習を中止する意向を表明。金氏がホワイトハウスへの招待を受け入れたことを明らかにし、自身も適切な時期に訪朝することに意欲を示した。

 トランプ氏は、金氏がミサイル関連の実験場を近く破壊すると約束したことも明かした。しかし、北朝鮮への制裁は当面維持するとした。また、日韓両国が北朝鮮への経済支援の用意があり、米国が支援する必要はないだろうと述べた。

 金氏は記者会見には同席せず、署名式で「新たな出発を知らせる歴史的な文書だ。世界は重大な変化を見ることになる」と話した。