トランプ氏会見での主な発言内容 「金正恩氏と強い絆築いた」

米朝首脳会談
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と署名した文書を手にするドナルド・トランプ米大統領=12日、シンガポール(ロイター)

 トランプ米大統領の米朝首脳会談後の記者会見での主な発言内容は以下の通り。(シンガポール支局)

 この24時間、素晴らしい時を過ごした。北朝鮮は可能性を秘めた国だ。

 会談実現には、韓国の文在寅大統領の尽力があった。友人の安倍晋三首相や中国の習近平国家主席にも感謝する。そして、金正恩朝鮮労働党委員長が大胆な一歩を踏み出したことに敬意を表したい。

 【非核化】

 共同声明で金委員長は朝鮮半島の完全非核化を約束した。私たちは、すみやかな合意履行も決めた。

 完全な非核化までは、技術的に長い時間が必要だ。ただ、そのプロセスを始めることができれば、非核化の作業はほとんど終わったのも同然だ。会談では非核化の検証方法も協議した。

 【対北経済制裁】

 当面は制裁を維持するが、北朝鮮の核の脅威がなくなれば解除する。金委員長は、すでに主要なミサイルエンジンの試験場を解体していると教えてくれた。これは合意文書に含まれていないが、私たちが合意したことだ。

 【朝鮮戦争と在韓米軍】

 朝鮮戦争は間もなく終結する。過去は未来を拘束はしない。

 在韓米軍を(将来的に)本国へ帰還させられればいい。だが、現時点では考慮のうちに入っていない。

 【米韓軍事演習】

 米韓軍事演習は(北朝鮮に対して)挑発的であり、北朝鮮との包括的で完全な合意に向けて交渉が続いている状況下では不適切だ。中止することで多額の費用が節約できる。

 【人権問題】

 会談で強く取り上げた。(北朝鮮で拘束され、解放後に死亡した米国人)オットー・ワームビア氏の死は無駄ではない。

 【日本人拉致問題】

 日本人の拉致問題に関しても取り上げた。安倍首相の最重要課題でもあるからだ。合意文書には盛り込まなかったが、これから協議していきたい。

 【金委員長との関係】

 非常に強い絆を築いた。

 適切な時期に訪朝できることを楽しみにしている。また、金委員長を適切な時期にホワイトハウスに招きたいとも思っている。金委員長はそれを受け入れた。なんとか前進を図りたい。

 【将来の経済支援】

 日韓両国に北朝鮮を支援する用意があり、米国が支援する必要はないだろう。