金正恩氏「いつでも日本と対話行う用意」 文在寅大統領明かす

南北首脳会談
 韓国の徐薫国家情報院長(左)と面会する安倍首相=29日午前、首相官邸

 安倍晋三首相は29日、韓国の文在寅大統領と電話で会談した。文氏は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が27日の南北首脳会談で「いつでも日本と対話を行う用意がある」と述べたと明かした。また、文氏は南北会談で日本人拉致問題を提起し首相の考えを伝えたことを説明した。首相は朝鮮半島の完全な非核化を明記した板門店宣言を評価した。

 韓国大統領府によると、首相は文氏との電話会談で、日朝会談の実現に向けて韓国側に協力を求める意向を示し、文氏は「喜んで日朝間の懸け橋となる」と応じたという。

 首相は、文氏の拉致問題提起について「誠意に感謝したい」と官邸で記者団に語った。「米朝首脳会談の機会を生かし、拉致問題が前進するよう全力を尽くす」とも強調した。

 日韓両首脳は電話会談で、北朝鮮が具体的な行動を取るよう両国が努力していくことで一致。日米韓が連携し、北朝鮮の核兵器を含む大量破壊兵器と弾道ミサイルの完全廃棄に向けて全力で取り組むことを確認した。

 両首脳は、5月上旬に東京で開催予定の日中韓サミットに合わせて個別会談を行い、「今まで話し合ってきたラインにのっとり、北東アジアの平和と安定を実現する」ことも申し合わせた。

 首相は電話会談後、南北会談に同席した韓国の徐薫国家情報院長と官邸で面会し、南北会談の詳しい報告を受けた。首相は冒頭「今後も日韓で協力していきたい」と語った。

 日朝会談をめぐっては、日本政府は「直接、対話しないと拉致問題は解決しない」(政府高官)として実現に意欲を示している。ただ、北朝鮮が拉致問題を含む包括的解決へ具体的な行動をとるのか慎重に見極める構えで、それまでは国際社会と連携して「最大限の圧力」をかけ続けていく方針だ。

 首相は28日深夜にはトランプ米大統領と電話で会談し、「北東アジアの平和と安定に向けた歴史的な一歩だ」として南北会談を評価。米朝首脳会談が成功するよう協力していくことを確認した。