【南北首脳会談】トランプ氏「勇気づけられた」 米政権、歓迎しつつ北に実質的取り組み要請 - 産経ニュース

【南北首脳会談】トランプ氏「勇気づけられた」 米政権、歓迎しつつ北に実質的取り組み要請

ドイツのメルケル首相との共同記者会見にのぞむトランプ米大統領=27日、米ホワイトハウス(ロイター)
 【ワシントン=黒瀬悦成、ベルリン=宮下日出男】トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスでドイツのメルケル首相との会談後の共同記者会見で、南北首脳会談の結果に「勇気づけられた」と述べ、6月にも見込まれる米朝首脳会談で建設的な議論ができることに期待を表明した。その上で「北朝鮮が非核化するまでは最大限の圧力を加え続ける」とも述べ、安易に制裁緩和には応じない方針を維持すると強調した。
 また、ポンペオ国務長官は27日、訪問先のブリュッセルでの記者会見で、南北首脳会談の結果を受け、「約束はよいことだが、透明で検証可能な行動が不可欠だ」と述べ、北朝鮮に対し、非核化に向けた実質的な取り組みを求めた。
 ポンペオ氏は「完全な非核化」を盛り込んだ南北首脳の共同宣言を歓迎する一方、「われわれは宣言で金正恩朝鮮労働党委員長が新たな約束をしたのか、入念に調べている」と説明。北朝鮮の核廃棄が目標であることは変わらないとし、日本、韓国との緊密な協調を維持する考えを示した。
 一方、マティス国防長官は27日、記者団に北朝鮮を信用するかどうかについて聞かれ、「(米朝は)信頼醸成措置を重ねて信頼を構築していく」とした上で、米朝関係について「(朝鮮戦争が起きた)1950年以来、かつてない好機を迎えた」とし、米朝会談の見通しに「楽観的だ」と強調した。
 マティス氏はまた、南北首脳会談での合意事項に朝鮮戦争の休戦協定を平和協定に転換するための協議を推進することが盛り込まれたことに関し、平和協定が締結された場合の在韓米軍の扱いについて「まずは同盟国(である韓国)と協議することになる」とし、「いずれは北朝鮮との交渉で話し合うことになる」との見通しを語った。