英担当相「3月に『移行期間』合意目指す」 移行期間中にFTA交渉

英EU離脱

 【ロンドン=岡部伸】英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相は26日、英北部ミドルズブラで演説し、2019年3月の離脱を前提に、激変緩和のために設定される「移行期間」は離脱する英国とEU双方の利益となるため、3月までの合意を目指すと述べた。

 「移行期間」は、EU諸国との関税同盟などについて現状を維持。EUとカナダによる包括的経済貿易協定(CETA)のような自由貿易協定(FTA)の交渉を進め、期間終了と同時に署名する意向を示した。