「英の残留望む」EUで相次ぎ“ラブコール”

英EU離脱
17日、フランス・ストラスブールで開かれた欧州議会で演説するユンケル欧州委員長(ロイター=共同)

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は17日、欧州議会の討論で「英国の国民や議会、政府が離脱以外の道を願うなら、議論する用意がある。われわれは英国の残留を望んでいる」と述べた。ロイター通信などが伝えた。

 16日にはEUのトゥスク大統領も「われわれの心は開かれている」と述べており、EU首脳から、英国の姿勢転換に期待を寄せる“ラブコール”が相次いだ格好。離脱に関し、2度目の国民投票の是非をめぐる議論が英国で起きているのが背景にあるとみられる。

 ユンケル氏は英国の離脱は「大惨事」であり、「英国、EUの双方が敗者だ」と強調した上、「この提案に英国ではいらだちもあるが、英国がたとえ離脱しても、再度の加盟を認める条項がある。私はそれ(が適用されること)を望む」とも呼びかけた。