「平和発展の道を」 中国外務省が改憲を牽制

衆院選
中国外務省で記者会見する耿爽副報道局長=23日、北京(共同)

 中国外務省の耿爽報道官は23日の記者会見で、衆院選で与党の自公両党が憲法改正の発議が可能となる3分の2以上の議席を獲得したことについて「日本が引き続き平和的発展の道を歩み、地域の安定に建設的な役割を果たすよう希望する」と述べ、改憲の動きを牽制した。耿氏は「中国側は中日関係の発展を重視しており、日本が実際の行動で両国関係を安定的に改善させるよう望む」とも述べた。

 一方、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は23日付の社説で、安倍政権が「選挙前よりも勢いを増したようだ」と言及。改憲を後押ししている日本側の安全保障への懸念は実態にそぐわないと主張した上で、安倍首相が日中関係の実質的な改善に尽力し、中国側も安倍氏をそうした方向に向かわせることが双方にとって重要だと論じた。

(北京 西見由章)