セッションズ司法長官解任を検討か 米紙報道 ロシア疑惑で捜査対応不満か

トランプ政権
セッションズ米司法長官(AP)

 米紙ワシントン・ポスト電子版は24日、トランプ大統領がセッションズ司法長官の解任を検討していると報じた。セッションズ氏が大統領選干渉疑惑「ロシアゲート」捜査に関与しないと表明後、モラー特別検察官が任命されて捜査が進展したことへの不満を強めており、最近公然と批判していた。

 トランプ陣営とロシア政府の共謀の有無を調べるモラー氏をけん制する動きの一環との見方も出ており、実際にセッションズ氏解任に踏み切れば「捜査妨害」との批判は必至。政権運営の混乱に拍車が掛かる恐れがある。

 セッションズ氏は3月、選挙中に駐米ロシア大使と接触したことを議会に開示しなかったことが判明、ロシアゲート捜査への不関与を表明した。(共同)