英ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻が独メルケル首相と会談 EU離脱も友好関係確認

 

 英国のウィリアム王子とキャサリン妃夫妻は19日、訪問していたポーランドからドイツの首都ベルリンに到着し、メルケル首相と会談した。英国の欧州連合(EU)離脱決定で英EU関係が難しい局面を迎える中、英独の友好関係を確認したとみられる。

 ウィリアム王子夫妻は会談後、ベルリンのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)記念碑や東西ドイツ統一の象徴ブランデンブルク門を訪問。21日までドイツに滞在し、南西部ハイデルベルクや北部ハンブルクを訪れる。(共同)